オリックス銀行カードローンの限度額

オリックス銀行カードローンは実際に利用する際にいくら借りられるか

MENU

オリックス銀行カードローンの最大限度額

オリックス銀行カードローンは、その名の通り銀行のカードローン商品となります。借りる際に気になる最大限度額は、銀行だからこその消費者金融よりも高い最大800万円であり、まとまった融資として人気です。

 

 

しかし、実際に皆が800万円を借りられるとは限らず、どの程度の借り入れ金額になるかは審査の結果次第です。消費者金融では20万円前後になるとのデータもありますが、オリックス銀行カードローンではもう少し大きな金額が借りられる傾向にあるようです。

 

キャッシングと総量規制の関係性

各貸し出しサービスには、利点と欠点が存在しています。それをしっかりと把握してから、サービスを比べるのが正しい検討法でしょう。たとえばキャッシングサービスは、魅力的な点を数多く集める内容となっています。しかし、その利点だけに捉われると、後で後悔する可能性が高いでしょう。この際サービスの欠点についても、きちんと確認しましょう。

 

キャッシングサービスの欠点として、低限度額が設定される点が有名でしょう。大きい金額の買い物を計画する人にとっては、無視できないポイントのはずです。50万円程度の借り入れであれば、それ程問題とはならないポイントですが、この金額を超える場合には注意が必要です。

 

ところで、キャッシングサービスは主に、消費者金融が提供することで知られています。そして消費者金融のサービスには、総量規制が関係するため、限度額において他のサービスよりも劣ってしまうのです。総量規制では、銀行以外の企業の貸し出し上限を定めており、基準を年収の3分の1までとしています。たとえば、年収300万円の借り入れ希望者に対しては、100万円を下回る限度額の設定が予想されます。

 

年収が同等のケースであっても、借り入れサービスの種類により、設定限度額が異なることを憶えておきましょう。

 

銀行カードローンは対象外となる総量規制

銀行からの借り入れの場合には、総量規制の対象とはなりません。だからと言って余計な大きな金額を借りられるわけでもありませんが、まとまった融資には向いていると言えるでしょう。

 

最大800万円の限度額設定で審査評判の良いオリックス銀行カードローンであるからこそ、何らかの事情によって大きな金額を借りたい際には、安心して利用が出来るようになっているのです。

 

カードローンサービスの内容

お金を借りる目的は人それぞれ違うでしょう。自動車や住宅などの高額な買い物が目的であれば、それに見合うサービスが必要です。高額借り入れが目的の場合には、担保設定が必要なサービスとそうでないサービスが、視野に入るでしょう。

 

担保設定を必要とするケースでは、その手続きに時間を取られます。また手続きで発生する費用はかなり高額となるでしょう。しかしそれと引き換えに、低水準の金利を手に入れられます。一方、担保の設定が不要なサービスでは、手続きにかける時間を短縮でき、また手続き時の高額費用を発生させずに済みます。しかし、担保設定が必要なサービスと比較すると、高水準の金利が気になるところです。

 

カードローンサービスは高額融資を備えたサービスです。カードローンサービスの場合には、担保設定型と無担保型の2種類が用意されているため、条件を明確にされた上で、より適切な方を採用するのが賢明です。

 

ところで、カードローンサービスを選択する場合には、分割払いでの返済が予定されるはずです。分割払い機能には、月々の負担を低減する働きがありますが、返済を長引かせる欠点もあります。繰り上げ返済機能を上手に用いて完済時期を早めれば、利払い負担を減らせるでしょう。

 

無担保で借りられる大きな融資

カードローンは無担保で借りられるのが利点であるため、例えば数百万円単位で借りる場合もあるおまとめローンの融資金額も、担保や保証人不要で利用出来るようになります。

 

利便性で見れば大変優れる商品ですので、カードローンをうまく賢く便利に使っていきましょう。